スマートな品質管理で、競争力を高めましょう!

損失が発生する前に防ぎ止め、瞬時に情報にアクセスして結果を把握し、定期的に分析

最後に、高度な品質文化をデジタル環境に取り入れ、将来を予測し予防策を講じる。これにより、工場の品質管理が完全に可能になります。

ProManage品質管理モジュールは何を提供しますか?

品質管理のための自動化
ProManage製造モジュールと完全に統合されており、品質検査の詳細な計画と管理を自動的に行います。
AUTOMATION
関係者への通知
予め設定された状況の発生や、検査期限が近づいていることを担当者に通知することで、事前の対応が可能になります。
モバイル機器の統合
管理者はタブレット上のモバイルアプリケーションを通じて、今後の品質検査の項目及び時期が含まれた通知を受け取ることができます。
ProManage品質管理モジュールは何を提供しますか?
SPCテクニック
SPC技術の実行により、自動予防アラートと検査結果分析が得られます。
予測品質
人工知能アルゴリズムを使用した予測品質検査管理により問題が起こる前にアラートが発生するため、予防策を講じることができ、修理や廃棄による損失を回避することが可能になります。
機械学習
システムのデータベースに保存されているプロセス・センサーデータとともに過去の修理状況や廃棄のデータを人工知能アルゴリズムを使用して分析及び学習します。学習された相関関係が発生するとすぐに、システムからアラートが送信されます。

予測品質テスト運用管理モジュール

現在

プロセス値と品質検査結果のデータは、ProDataモジュールを通じて収集され、SPC分析によって異変傾向を検出し、自動的にアラートを出します。

将来

ProManage AI(人工知能)モジュールが収集されたデータの分析と品質問題の予測を行い、必要な予防策を講じられるように管理者に自動アラートを送信します。

品質モジュールの詳細

詳細についてはお問い合わせください。